スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 北山田 】近藤家 本店

昼前に目を覚ました。
「やべえやべえ、午前中の診療時間が終わってしまう」
低気圧による頭痛を振り払い、着の身着のままマンション下の整形外科へリハビリに。
最近の仕事明けのルーチンワークだ。

昨日一日の運転で凝った肩や首をウォーターベッドがほぐしてくれる。
気持ち良くて再び眠りに堕ちてしまいそうだ。

そういえば冷蔵庫に何もなかったな。
何か作るのも面倒臭いなぁ。



てなわけでテクテク歩いて3分「近藤家」へ。

店主は「吉村家」他で修行を重ね、その後「六角家」をはじめ「横濱家チェーン」「介一家」など数々の有名店をプロデュース、家系ラーメンの普及拡散に多大な力を注いだ近藤健一氏である。

てゆーか調子悪い人が起きぬけに家系かよ(笑)




ラーメン 650円

あえて言うなら、僕は家系ラーメンの上に乗った海苔が苦手である。
こんなに盛ってくれてありがとう、みたいな(笑)

家系ラーメンは油が多いのでどうしても海苔が油まみれになり、そして一度油でテカテカになった海苔は普通の醤油ラーメンみたいにはスープを吸わない。
あの油の味しかしない海苔が気持ち悪いのだ。
それにクセのある豚骨スープの匂いと海苔の磯の香りって相性が悪い気がする。

だから一回箸でズボッと海苔をスープに沈め、最初に全部やっつけてしまうのだ(笑)



海苔が片付いたここからが本当のスタート(笑)

ここはなんと言ってもスープが特徴的だ。
ルーツ系とされる「環2家」などのキリッとエッジの立った豚骨醤油とも違う。
自身がプロデュースした「横濱家」に近い濃厚さ・まとわり感があり、しかし横濱家とも趣の違う薄口醤油を使ってるような比較的明るい色をしている。
円やかでコクのあるちょっと他所では味わえないスープだと思います。



麺はいつもの通り「固め」オーダー。
「俺は今麺を喰ってるぜ」感を満たすしっかりしたかみごたえと喉越し。
最近つけ麺関係でうどんみたいな太麺を見慣れてしまったが、ラーメン的には平打ちのかなり太麺の部類です。



チャーシューは柔らかくややしょっぱい。
小生はこういう味付けしっかり系が好きじゃ(^^)



すっかり飽きた気がしてしばらく家系ラーメンそのものを遠ざけていました。
先日の揚州商人に行く時も近藤家の前をスルーしてた。

久しぶりに食べると美味いね。
中でも近藤家はピカイチ、な気がします。
あくまでも個人的な好みですけどね(^^)

☆☆☆☆★




【 近藤家 本店 】
横浜市都筑区北山田1-1-39
パークフジ小泉 1F

045-591-9121

11:00~22:00(日祝は21:00まで)
月曜定休(月曜が祝日の場合翌日)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。