スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横濱家 シンシン麺

実は横濱家で前から気になってた「冷やし担担麺」なる物を食べようと思っていました。

しかしいつも行くすみれが丘店は節電営業を実施しており店内が暗い。
その姿勢は大変素晴らしいのだが、ブロガーには店内が暗すぎて撮影に適さないのが難点なのだ。

そこで河岸を変え営業車のガスを入れがてら平台本店に向かった。



なるほどね、
こちらも節電中か(^^;;

しかし節電もここまで頑張ると準備中に無理やり居座っているみたいで客商売としてはなんだかなぁ。。。
( ↓実はこのカウンターの向こう側に客がいる)


そして更に残念なことにすみれが丘のメニューにあった冷やし担担麺が本店には無かった(笑)

良くも悪くもチェーン店にしてこの統一感の無さも横濱家である。
要はあそこで食べられるメニューが無いと考えるか、この店舗でしか食べられないメニューがあると考えるかである。
正直店舗により味にもバラつきがある。
ただしちゃんと安定感のある店を見つければかなり美味いラーメン屋だと僕は思います。

ならば過去に注文したことのないレギュラーメニューに挑戦してみよう。


シンシン麺 880円

辣辣麺、と書くのかな?
豚骨醤油の家系ラーメンをベースにしたバリエーションで、とにかく真っ赤なラーメンです。
注文時に辛さの好みを言えば調整もしてくれます。



上から鷹の爪・白髪葱・刻みニラ・ピリ辛挽肉。



ノーマルの辛さで注文したが、思ったほど辛くはない。
大人なら普通に食べられる辛さですね。
横濱家特有のまろやかなコクのスープと程よい辛さがよく合っています。



麺は家系らしいやや太め。
このくらいの主張の強い麺が自分は好みですね。

沈んだ挽肉を救済できるこのスプーンはありがたい。



家系ラーメンの辛いバージョン、
僕は有りだと思います。
挽肉も旨くて全体に好きな味です。
しかし辛さそのものは山椒の痺れがあるでもなくイマイチ特徴に欠けるかな。
くれぐれもダメではないです。

実は僕は横濱家でノーマルな豚骨醤油ラーメン(シンシン麺より200円も安い)を食べる時、テーブルにある特製辛みそをよく入れます。
少量でかなり辛くなります。
結構それがまた美味いんです。
あるいは自家製辣油もたっぷりテーブルにある。

単に豚骨+辛いが食べたければそれでいいじゃん、って気がしないでもない(笑)

あ~、冷やし担担~(>_<)


☆☆☆★★




【 究極ラーメン横濱家 平台本店 】
横浜市都筑区平台21-6
045-942-6543

11:00~翌2:00 年中無休
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。