スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 用田 】北海道らーめん 小林屋



幾度となくリピートしているラーメン屋です。
中原街道を走ると街灯に引き寄せられる虫のように条件反射で入ってしまうのだ(笑)

「値下げ断行!」と外にデカデカと掲げている通り、味噌ラーメンがたった500円で食べられるのが小林屋の最大のメリットと言えよう。(しかも美味しい)

この500円の値段が良くも悪くも魅力的過ぎてなかなか注文できなかったメニューがあります。


札幌ラーメン 600円

これも味噌ラーメンなんです。
おいおいノーマル500円の「味噌ラーメン」と何が違うんだ?って話ですが(笑)
この札幌ラーメンは中華鍋で野菜を炒めて、同じ鍋の中で味噌とスープを併せる札幌すすきのスタイルなのです。
一方ノーマルはどんぶりでスープを併せ茹でもやしをのせるタイプ。

一応ね、看板に「北海道らーめん」と書いてあるからには炒め野菜のすすきのスタイルを食べてみたいのですが、いかんせん相手は500円である。
この100円の壁がなかなか、
餃子とか頼むくせに(笑)
いや、ノーマルがまた充分美味しいのよ。



てんこ盛りの白髪ネギをやっつけるとようやく炒め野菜が顔を出す。
もやし・タマネギ・キャベツ・きくらげ…豚の挽肉も入っててなかなか美味。
まだ麺は出てきませんね~。



小林屋名物でノーマル味噌ラーメンでもお馴染み、若者と一部の大人(笑)に人気のジューシー過ぎるバラ焼豚は一口大にカットされて添えられています。



スープは豚骨スープに仙台味噌ベース併せ味噌を加えた物で基本ノーマル味噌ラーメンと一緒なはずだが、野菜から水が出るからかノーマルに見られるコッテリ感が消え随分あっさり薄まったような印象。
これはちょっと意外でしたね。

ひょっとすると差別化するためお店側が狙った味かも知れないけど、濃厚なノーマルを食べつけている人からすると物足りないと感じるかも知れない。

その"物足りなさ"もテーブルに置かれた自家製辛味調味料とおろしニンニクで解決する。





麺は北海道の製麺所から取り寄せた中太ちぢれ麺。
適度なコシの強さと喉越しでスープとの絡みも良い…

良いのだが…

実はネギ→焼豚→味玉→どっさり炒め野菜と来て、いよいよ麺に差し掛かった頃には満腹中枢が働いて(笑)

私、食べるの好きですが、意外と胃が小さいんです。
麺、残り2/3はまるで8000メートル峰を登るかのような苦しさで苦行に近かった。
なんとか平らげたけどね。

そこに麺があるから(笑)



結論。
どっちも美味い。
ただしよりコッテリ味噌を求めるなら500円のノーマルをチョイスせよ。
そもそも札幌ラーメンは私の胃袋には多過ぎた(^^;;

☆☆★★★



【 北海道らーめん小林屋 用田店 】
神奈川県藤沢市用田1540
0466-48-0111

11:00~24:00 無休
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。