スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 早渕 】つけ麺専門 あびすけ

「なにもさ、ひとつの器で食べるものをわざわざ分けるこたぁないんだよな。
大体が冷たい麺を浸すたびに汁が冷めていくのが気に食わん!」

などと言い全くつけ麺に手を出さなかった私。
当然近年のつけ麺事情もまったく知らない。

本当はさ…
食べてみたいんだけど気がついたら流行に追いつけなくなっただけなのよ(笑)
みんなごめんよ(^^;;


「あの、残った汁はどうしたらいいんですか?」
もはや初心者マークで臆病な私は前日にmixiの仲間数名から軽くレクチャーを受けた。
「大丈夫、リラックスして」みたいな(笑)

そして昨日ガチガチに緊張しながら地元で一番熱いつけ麺専門店「あびすけ」に向かったのであります。



こちらは第三京浜の都筑インターを出て東山田方面に少し向かった左側、嫌でも目に入るド派手な看板が目印。

長いことこの看板に「ちっ、つけ麺か」と悪態をついてたんだね。
店員さんに温かく迎え入れられ胸が痛みます(笑)

かなり混んでるとの噂だったが、タイミング良く奥のテーブル席にすんなり座る事が出来ました。



名物は「特濃ドロドロつけ麺」らしいが、入門はとりあえずノーマルなつけ麺に味玉を加えた物にしました。

汁をテーブルに置かれたIHヒーターで温め、時間差で麺が到着するシステムです。



保温にしたり温め直しが出来るから、最後まで自分好みの冷あつコンディションで食べることが出来る。
これは非常にポイントが高い。

僕がつけ麺を避けてた理由は冷あつが嫌いだからです。
いや、正確にいうなら"冷あつ"が徐々に"冷ぬる"になっていくのが悲しいのである。
このように温度のコンディションが保てるなら冷あつの食感はむしろ好きなのです。




麺はかなり太目でコシも強く「俺は麺を食べてます感」が高い。
僕はこういう太麺が好きです。
ラーメンでも太麺と麺の存在感に負けないスープの組み合わせが一番いい。

つけ汁もとろみがあって見るからに濃厚だがしょっぱさはさほど強くない。
豚骨ベースにたっぷりの魚介エキス。
見た目とギャップのまろやかな幸福感が衝撃的ですらある。

そういえばくじら軒で「自分は魚介系が苦手」とか言ってたな。
なんなんだ、このブレまくりは(笑)

これが近年のつけ麺のスタンダードな形とするなら、自分はやはりつけ麺が好きなのである(笑)



今回同行の相方はトマトつけ麺をオーダー。
またまた「それはどうなのよ」と疑いモード全開でちょっと味見(笑)

美味い!
あららら、やばいよやばいよ~。

単純にイタリアンな風味と思っていたが、魚介の風味が際立ちむしろブイヤベースに近い深みのある味わい。
シメに追加ライスを入れてIHヒーターで温めたが、高級レストランのリゾット顔負けの美味しさである。
恐るべしトマトつけ麺。



いやいや、恐れ入りました。
これは流行るわけですな。
こうなると色んなバリエーションも試してみたくなった。
遅咲きながらつけ麺がしばらくマイブームになること必至です(笑)

☆☆☆☆★



【 つけ麺専門 あびすけ 東山田店 】
横浜市都筑区早渕3-2-1
045-593-8922

11:00~24:00 ほぼ年中無休←って書いてある(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。