スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン屋ハシゴ

始めに断っておくが「ハシゴ」と言うラーメン屋のレポートではない(笑)

事の発端はこうである。
自宅から車で10分ほどのとある住宅街に一軒のラーメン屋がある。
仕事明けのランチ時に鼻歌を歌いながらそこに向かったのであります。

名前は伏せておくが、一説にはタンメン発祥の店とも言われる横浜福富町の老舗ラーメン屋のフランチャイズ店です。
※タンメンの発祥は東京であるなど諸説ある

外にはタンメンのノボリ、店内にも「元祖、絶品タンメン」と書かれたポスターが貼られている。(名前を伏せてもこれだけ情報があれば横浜市民のわかる人にはわかるw)
とにかくタンメンタンメンなお店なのだ。


絶品タンメン 700円

あ、これ、私が言ってるんじゃないよ。
そういう名前なのよ(笑)

この"絶品"タンメンがあまりに残念なタンメンだった。
麺は団子になってほぐれてないし、何よりタンメンの命であるスープが辛い。
とにかくバカみたいに胡椒の効かせ過ぎで野菜の甘みがどうとかスープの旨みがどうとか、それ以前の問題なのだ。
お酢を足してもラー油を入れてもビクともしない胡椒スープであった。

やっちまった…

前日から期待に胸膨らませていただけにもう悔しくてね(笑)



普通なら「マズかったなぁ、後日別のお店でリベンジ」となるのだが、あまりに悔しい、無念だ。
納得のいかない私はスープをたっぷり残して、タンメンが小ぶりだったのをいいことに無謀にも即別のお店に移動するのであった。
バッカじゃね?(笑)



いつものお店。
そういえば「麺や」なのに長らく麺を食ってない。
満腹中枢が働くまでが勝負とばかりにサンマー麺醤油味(醤油味か塩味かを選べる)を注文した(笑)


サンマー麺(醤油味) 850円

わ、今度はかなりの大ぶり(^^;;
てゆーかタンメンのリベンジでなんでサンマー麺なんだよぉ。
このあたりに本人も明確な間違いを自覚しつつもさすがに塩タンメンを二杯食う気は起きなかった。
それにあの一杯でタンメンが少し嫌いになっちゃったかも(^^;;



うむむむ、ごま油とオイスターソースを効かせた野菜あんかけがいい香り。
サンマー麺なのでもちろんもやしが主役。
でもあちらさんと比べても豚肉もたっぷり、さしずめ肉野菜炒めといった感じだ。

しかし
く、苦しい
既に満腹中枢が。。。



強いて挙げればこのお店、細めのちぢれ麺がイマイチ苦手なんだな。
それが凛としてであまり麺類を食べない理由。

麺は最初のお店の平打ち麺の方が好み。
あちらさんは自分でほぐさないといけないんだけどね(笑)

正直横浜の伝統的な由緒正しいサンマー麺を知らない。
本来こんな中華中華してないのかも知れない。
でも美味しい。
美味しければいいじゃん。

く、苦しい。。。
麺1/3残してギブアップっす(>_<)

ハシゴしてわかったこと。
アラフィフ、ラーメン二杯はもう無理(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。