スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅で手軽に本格麻婆豆腐



最近大手スーパーや輸入食材店で頻繁に見かけるようになった「陳麻婆豆腐」のレトルト調味料。
いわゆる麻婆豆腐の素ってやつです。
その実力はいかがなものか?
早速作ってみました。



箱のロゴは川崎で食べた「陳麻婆豆腐」と同じ。
それもそのはず、中国四川省成都市公認の現地本店で製造し輸出している物なので、単なる模造品やライセンス生産とかではないのだ。





中身は合わせ調味料と仕上げの粗挽き花椒パウダー。

実質売価約500円で4回分も入っているから、1食あたりに換算すると丸美屋とか味の素のレトルトとコスト的には変わらない。



麻婆豆腐の素と言いつつ、豆腐はもちろん挽肉や水溶き片栗粉を用意したりネギを刻んだり。
調味料を合わせる以外は自分で作っているのと手間はほぼ変わらないのだ。
ある意味その手際が出来を左右する比率が大きい、とも言えます。



豆腐は木綿、ネギは太めの青ネギを使いました。
挽肉は豚。

豚挽肉は表面がこんがりカリカリになるまでしっかり炒めることで全体に香ばしさが生まれます。

木綿豆腐でも弱火でじっくり煮込むことで滑らかな食感に変わるそうです。



トロミが決まったら最後に強火で鍋底を焼き、滑らすようにお皿に盛り付け、仕上げの花椒をたっぷりふりかけたら完成です。



これは凄い!
強烈な痺れと辛さにノックアウト。
現地四川で「これは日本人が召し上がる分だから円やかに」なんて気配りは一切ないんでしょうな(笑)
これぞまさしく陳麻婆豆腐、完璧に店味を再現しています。

レトルト調味料にこれほどの実力があるとは、いやはや恐れ入りました。
ぶっちゃけもう川崎のお店に行かないかも知れない(笑)


今回麻婆豆腐を調理するにあたって、こちらのページを参考にさせていただきました。
動画付きで様々なテクニックを学べますよ。
これバイブルかも(^^)

「麻婆豆腐徹底研究」
http://hayashimasaki.net/mapo/index.html


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。