スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【センター北】くじら軒本店


くじら軒 本店

おそらく我が家の近所発祥では一番メジャーなラーメン屋だろう。
ピーク時はテレビや雑誌のラーメン特集の上位ランキングにこのお店を見ないことはなかった。
当然外には路上駐車が溢れ、店頭には長い行列が絶えなかったですね。

カップ麺として発売されたり、八重洲口地下街や各地ショッピングモールにも出店しているお店の1号店がこちらです。

地元からの有名店輩出をちょっと誇らしく思いながらも混んでるから行かねい、みたいな(笑)



今でも夕食時はまあまあ賑わっているが、それでも一頃に比べたら随分とお客さんが減ったのが車で店の前を走り抜けるだけで歴然と伝わる。

僕ですら数年ぶりの入店です。


バラそば 850円

ラーメンは好みも多様化しており流行り廃りも激しい。
どんなにさっぱり醤油ラーメンが好きでもコッテリ系が流行ればメディアはそっちに流れてしまう。

もともとメディアによって過剰に持ち上げられていたくじら軒ですから、これが本来の姿かも知れないよね。
今でも美味しいんですよ、きっとね。



真ん中に鎮座する渦巻きなるとが素敵ですね(^-^)

くじら軒の基本はこの薄口醤油スープです。(他に濃口と塩味がある)
見た目とは裏腹にかなりしょっぱい味付けに思う。
そして鶏ガラに加え魚介系の風味が口に広がる。(何を使っているかは詳しくは分からない)

「今でも美味しいんですよ、きっと」という含みのある言い方をしたのは、実は僕は魚介の強いラーメンがあまり好きではないのです。
最近流行りの魚粉を使ったつけ麺や、海老を使いました系ラーメンもあまり興味がないのだ。

もう一つ、素麺みたいに細い麺も実は苦手かな。

じゃあ何で来たんだよ、と言われたら身も蓋もないが、美味しいんですよ、
美味しいんです!
きっと(笑)

ほら、バラ肉だってこんなにトロットロじゃないか(^O^)



古きシンプルなラーメンです。
かといって荻窪の春木屋と競い合うほどオールドファッションではなく、やっぱり進化系。

味覚が安っぽい私は幸楽苑で半分の値段でかなり近いラーメンが食べられる気もする。
こういうラーメン屋が一番立ち位置が難しいんだろうな、なんて思うのでありました。


あくまで味の好みで言うなら△、かな。
でも少し客離れしたおかげで店内は落ち着ける空間に変わっていた。
お店の人もあの頃より穏やかないい顔になってた気がする。
それを求めるのは客のエゴでしょうか?(笑)



【くじら軒 本店】
神奈川県横浜市都筑区牛久保西1-2-10
045-912-3384
11:00~21:30 月曜定休
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。