スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1080円焼肉ランチの実力

職業柄「おひとりさま」での食事は日常茶飯事であります。
ただなかなか一人で行く勇気が無かった、というか一人で行っても美味いのか?というものがあった。
それが焼肉屋であったりしゃぶしゃぶ屋・寿司屋、食べ放題のお店、居酒屋の類いである。

先日行ったピザ食べ放題のお店に意外とおひとりさまが居たのには驚いたな(笑)

寿司屋と焼肉屋は町田独り暮らし時代におひとりさま経験済みでかなり慣れた。

特にひとり焼肉、七輪を独り占めして自由にマイペースに楽しむのは案外楽しいものなのであります。

そんな訳で今日は街道沿いによくあるあの『安楽亭』にランチを食べに行ってきたのだ。


特盛ダブルカルビ250ランチ 1080円(税別)

ご存知とは思うが安楽亭はリーズナブルな焼肉屋として特に家族連れに人気のファミレススタイルの焼肉屋です。

もちろんお値段に比例してお肉の質はそれなりだが、某食べ放題系のお店よりは全然しっかりしている。
特にランチセットは「この値段でこれなら満足」と言わせるに十分なコストパフォーマンスの高さがある。

ランチは各種お肉プレートにライス(大盛り無料)、キムチ(またはサラダ)、杏仁豆腐、ワカメスープ、ドリンクバーが付いて千円前後。
サービス良過ぎ(笑)



本日チョイス(てゆーか毎回これw)した特盛タブルカルビ250は牛カルビと豚カルビ合わせて250gのプレートで、写真奥半分が牛カルビ、手前が豚カルビであります。
いい感じの盛りだ。

昔さ、東京で営業マンしてた頃、ランチで銀座の某有名焼肉店に入ったのね。
熱々の富士山の溶岩プレートで焼くのが自慢のお店なんだけど、千円ランチで出てきたお肉がなんと3切れ。
大人なんだから量より質と言いたいしサシの入ったいいお肉なんだけど、いくらなんでも3切れじゃあねぇ(笑)


あ、まだこんなのあるんだね(笑)



まずは牛カルビからジュジューッ



安楽亭は七輪(練炭)のお店とガス焼きのお店とあり、当然ながら七輪の方が焼き具合も雰囲気もワイルドでよろしい。

豚カルビは牛カルビより脂身が多く、焼くとプチ火災みたいになって危険だが、実は豚カルビの方が僕は好きである。



隣りの席に老夫婦が着席。
研修中の女子店員がオーダーに向かう。

爺「グランドメニューって何?」
店員「これはいつもお店にあるアラカルトメニューです」
爺「アラカルトメニューって何?」
店員「単品メニューでしてこちらのランチメニューでしたら御飯やキムチ、スープ、ドリンクバーが付いて大変お得なお値段になってます」
爺「お値段が安いって事はこっちのメニューとお肉が違うのかい?」
店員「いえ、そんな事はなく同じお肉でお昼限定のお得なセットをご用意しております」

その後も「え?そのドリンクなんとかっていうのは何?」「私はお肉はどこに取りに行けばいいの?」と延々質問攻めでオーダー決まらず。
また始まったって感じでずっと黙ってるお婆ちゃんが可笑しかった。

頑張れー、研修生(笑)

結局お爺ちゃんは「よくわからん、わしは要らん!」とドリンクバーを取りに行くのを諦めてしまったが、お婆ちゃんは興味津々にドリンクバーコーナーを覗きに行ったので、付いていって伝授してあげた。
こういう時、男ってほんとダメね(笑)

「お代わりも無料で出来ますよ」



250g、御飯大盛りに丁度いい確かな食べ応えだ。
そうそう、キムチも本場の辛さで御飯がススム君なのであります。



食べ終わる頃を見計らって暖かいお茶とフルーツが運ばれてきます。
フルーツはメニューに明記していないが安楽亭ランチの昔からの粋なサービス。
こないだはイマイチなスイカだったが、今日のメロンは甘くてジューシーで当たりだったぞ(^-^)v

という訳でやはり1080円とは思えない大変満足度の高いランチでありました。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。