スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【川崎】陳麻婆豆腐



川崎駅西口の大型ショッピングモール、ラゾーナ川崎プラザに行ってきました。
「買い物」じゃないんです。
「食い物」です(笑)

一階のフードコート「ダイニング・セレクション」が昨年に改装し、一部テナントの入れ替えがあったとのことで、その視察も兼ねています。←どんな立場だ?



盛岡冷麺の人気店「ぴょんぴょん舎」なんかは残っているが、目立ったところでは有名ラーメン店「すみれ」が撤退していたのが残念。(新横浜ラーメン博物館に移ったという噂)
新規では日本橋「金子半之助」という天丼屋がバカ盛りなのが非常に気になります。
次はココだな(笑)



さてさて、薄っぺらな情報コーナーはこれぐらいにして(笑)
心は視察どころではない。
私は麻婆豆腐を食べに来たのである。

こらこら「またかよ」などと言うでない(笑)


陳麻婆豆腐 ラゾーナ川崎プラザ店

麻婆豆腐発祥の地とされる四川省成都郡に古来から伝わるレシピを再現した麻婆豆腐が食べられるお店。

陳麻婆豆腐は本来ちゃんとした四川料理店で、横浜だとみなとみらいのクィーンズやたまプラーザ東急に出店しています。
超人気店ゆえ行列必至だったり、コース料理を注文するのは私みたいな小市民にはちょっと敷居が高かったりするのだが、ここならなんとか大丈夫(笑)

よく誤解されやすいが、四川料理のあの陳建民・建一親子とは関係ありません。
この陳さんは成都で麻婆豆腐を最初に作ったとされるお婆さんの名前です。
麻婆とは「あばた顔のお婆さん」という意味で、陳お婆ちゃんのあだ名なんだそうな。



最初にここに来た時にね、この四川山椒(花椒)って物がよく分かってなくて、大好きな和山椒の感覚で味見もしないでドバーッとふりかけちゃたんです。
これがエライことになりましてね(笑)
拷問のような痺れと辛さに悶絶し、半分具合悪くなりながら「こんなもん二度と食うか!」と誓ったのであります。

その馬鹿が懲りずにまたやってきた(笑)


麻婆豆腐丼とミニ担々麺 1180円

なんかさぁ、誤解されるよね~。
この写真、広角で手前が大きく見えるけど、担々麺、本当にミニなのよ(^^;;
実際には女性のごはん茶碗ぐらいの大きさの器なんです。



そのミニ担々麺、よくある胡麻胡麻したのとは全然ちがいます。
昔台湾に旅行に行った時裏路地の露天屋台で食べた牛肉麺のジャンクで怪しげな味にも似ていて、辣の効きも程よく結構好きです。



さて、主役の麻婆豆腐。
こちらのお店ではまず山椒をかけずにそのまま食べることをお勧めします←おいおい(笑)

そのままでも本気で辛いです。
舌がビリビリ痺れます。
三口目で早くも汗が噴き出す。
「ちょっと辛いのは苦手」という人はこの時点でギブアップだと思う。

あ、もちろん私はベテランですから水を二杯、汗拭きタオル持参など準備に抜かりはありません(笑)



美味い!
辛さに慣れ始めるとどんどんいけます。
で、もっと痺れてもいいかな?と結局足しちゃうんだな(笑)



味はやや濃いめで危険なほどご飯が進みます。
最終的には担々麺無しでラージサイズにすれば良かったと物足りなさを感じるほど夢中でかっくらっていました。

う~ん、もう他の麻婆豆腐はもう食えないかも。
陳麻婆豆腐、美味すぎます。




【中国名菜 陳麻婆豆腐】
神奈川県川崎市堀川町72-1
ラゾーナ川崎プラザ1F
044-874-8054
10:00~22:00 (L.O.21:30)
スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。