スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜橋『豊野丼』の海鮮丼

途中ムーヴ号のパワーウィンドウのスイッチが壊れ全開のまま閉まらなくなるトラブルに見舞われながらも、なんとかごまかしごまかし行って参りました、横浜橋。

まあ横浜に馴染みがない人には横浜橋と言ってもよくわからないだろうが、伊勢佐木長者町と阪東橋の中間に位置する古い商店街である。(え?もっとわからない?w)

その伊勢佐木町側の商店街の入り口付近にずっとずっと気になってたお店がある。


『豊野丼』

こちらはとにかく近寄りがたい店構え。
歯に衣着せぬが女性客には甘く人情味あると言われる名物店主のキャラも含め長年浜っ子に愛されてきた老舗天丼屋である。

とんねるず『みなさんのおかげでした』の「きたなトラン」コーナーで紹介されたと言えばどんなお店か大体想像がつくであろう。
とにかく汚い(笑)



ランチは開店と同時に満席とも聞いていたので少し早目の11時半に到着。
恐る恐るアルミサッシの引戸を開けると、狭い店内の10人掛けぐらいのカウンター席に先客が1名だけ。
ちょっと意表を突かれた。

カウンターの中には噂の主人と、ちょっと若めのにいちゃんがいた。
どやされないうちにとあらかじめ店の外で選んでおいた「海鮮丼」と「味噌汁」を早速注文した。



あ、ダーイシ人形発見(笑)

なんかいちいち味のある店内だ。




海鮮丼 800円
味噌汁 100円


待ちがなかったこともあり注文と同時に揚げ始め、5分も待たずに着丼。

ほう、
ほうほう
ほうほうほう
なるほど(笑)



(内訳)
えび・キス・あなご・ナス・カボチャ・ししとう・蓮根 (野菜4種はその季節によって違うらしい)

ししとうはピリッと辛いやつだった。
ししとうが辛いのに当たると何故か嬉しいワタシ(^-^)



ごはんの量が尋常じゃないとの情報で警戒していたが、大盛りとかにしない限りは普通に食べられる量だった。
タレが濃すぎずかけ過ぎずで非常にバランス良いよ。



味噌汁は大好きなしじみ汁なのだが、残念ながらあまりしじみのダシ感は感じられず。

まあぶっちゃけ天ぷらもそこそこサクサクしているものの高級天ぷら店のそれとは違いB級感の強い庶民的な天ぷらだったな。
それでも800円でこのボリュームはお値打ちだし、自宅や職場の近くにあったらひたすらリピートしてしまうような、これはこれで総合点の高い天丼だ。
ただわざわざ高速道路を使ったり地下鉄で往復600円かけてまで、という物でもないかもね。



途中から客は僕一人になり緊張が走ったが、オヤジは心配するほどむやみに話しかけてくるタイプでもなく、ただ僕が一回鼻をすすったら黙って間髪入れずカウンターにティッシュの箱を滑らせた。

「あ、すんばせん」(あ、すんません)

かっけー、なんか西部劇のバーみたいだ(笑)
これが今回唯一オヤジさんとのコミュニケーションでした(^^;;

ちなみに2軒並びに『天ぷら 豊野』という系列店があるが、よりディープな雰囲気を味わいたいなら断然こっちの『豊野丼』がオススメであります。

☆☆☆★★

【 豊野丼 】
神奈川県横浜市南区真金町2-18

045-251-4740

11:00~14:30
17:00~20:00
日曜定休



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。