スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『梅蘭』の排骨麺

結局食べたんかーい!というツッコミも聞こえて来そうですが、昨日蕎麦屋に浮気して食べ損ねた『梅蘭』の排骨麺をランチに食べに行きました。

絶対に笑顔を見せないくたびれた押尾学風情のにいちゃんにメニューも開かず注文を告げる。
くたびれた風情では負けない俺もだんだん常連ぽくなってきたぞ(笑)


骨付きバラ肉そば 930円(税込)

梅蘭ではパイコー麺の事をこのように呼びます。

最初持ってきた時はこんなじゃなかったんだ。
排骨はランダムに散らかり、その上にポロッと麺は乗ってるわ、中国人らしいっちゃらしいが「おいおいちょっと仕事が雑すぎねえか?」みたいな。
もしかしてランチタイムにグランドメニューをチョイスした腹いせか?
写真撮るために並べ直しました。


Before


After(笑)

排骨は中華街の『雲龍』ほどの迫力はないが、比較的大ぶりな方であろう。
ちゃんと骨付きである。



骨付きといえばひとつ素朴な疑問がある。

排骨って要するにスペアリブなんだけど、肉料理のいわゆるスペアリブみたいにぶっとい骨が付いているわけではない。
ここのもそうだが大抵は端っこにちょこっと小さな欠片が張り付いてるだけなのね、下手したら気がつかないで口に入れちゃいそうなほど。

あれって調理する段階で取り除けないもんかね?(^^;;
いや、骨との接点が美味い事は承知です。
そこは上手いこと。
先に挙げた『雲龍』なんか骨離れしやすいようにギリギリまで包丁を入れてくれてる。
それもなんだかありがたいような惜しいような(笑)

ちなみに本場中国の本格的な排骨はこんなビジュアルらしい。
これなら頑張ってかぶりつくさ(笑)



で、梅蘭の排骨に戻る。

こちらは衣は薄めで、よくあるスパイシーなカレー風味は強くない、あるいは使っていないのかもしれない。
多分下味は鳥唐揚げと同じ生姜醤油だろうと思われる。
実は中華そばにカレー風味は違和感を感じているので僕はこのタイプの方が好きだ。



細麺に醤油スープは先日の牛バラそばと同じこのお店の基本型である。
この程よく鶏ガラが効いたスープが上品で美味いんだな。
化学調味料っぽさも全く感じない。

あっさりしているから牛ばらの時はあんかけの、排骨の時は衣の風味が移って全く違う味を楽しませてくれます。
飽きない。

盛り付けでちょっと減点。
でも大変満足な排骨麺でした。



梅蘭は横浜中華街を本拠地にした本格中華料理店なので全体的にはCPは決して良くない。
1品料理を追加しようとするとそれが1皿1500円もしたり、焼き餃子やシュウマイなどの点心も700円ぐらいする。

ただ麺類や炒飯の類いになると相場価格、いや排骨麺で930円はむしろ安いくらいだ。
そして麺類、飯類のバリエーションも大変豊富だし、麺類だけで済ませづらい雰囲気も感じさせないカジュアルなお店です。
押尾学は相変わらずつまらなそうに配膳してるけどな(笑)

次回はしいたけそばにしよう。

☆☆☆★★



【 梅蘭 センター北店 】
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-1-3
ショッピングタウンあいたい3F
045-915-6455

11:00~22:00




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。