スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜でカレーと言えば

ブライアン・ウィルソンの自伝映画『Love & Mercy』を横浜のムービルで公開終了3日前に滑り込みで観てきました。
劇場で聴くザ・ビーチボーイズの名曲の数々、また格別でした。

映画が終わってお腹も空いたのでちょっと遅目の夕食。
市営地下鉄の改札口のすぐ近くで帰りに便利な『カレーハウス リオ』相鉄ジョイナス店にしました。



久しぶりであります。

以前は別の場所にあったのですが実は昨年一度閉店してしまいました。
閉店当日は閉店を惜しむ浜っ子で行列ができていたと聞きます。

それから僅か数ヶ月、同じジョイナス内でフロアを変えて新装開店。
あの行列はなんだったんだという人も多いかと思うが、それでも相変わらず賑わっている。
今回で日本公演は最後と言われてたエリック・クラプトンが翌年も来日、来ちゃったからまた観に行った、そんな感じ?(笑)

地下鉄利用者の自分は改札口の近くに移転してくれて感謝してるくらいだ。


カツカレー 700円

基本のカツカレーである。
基本、なのか?(笑)

デフォは中辛だが無料で大辛・激辛にもしてもらえるのが嬉しい。
大辛にしてもらった。
ルーにかかっている赤い粉がいかにも辛そうだ、
と思ったらこれはチリパウダーではなくパプリカなのね。
これは大辛ですよって店員さんが配膳する時の目印らしい(笑)



特に特徴があるわけではないのね。
あえて特徴を挙げるならカツが薄いことかな(笑)

とはいえこだわったスパイスの使い方はカレー専門店ならではの味だ。
複雑だけどとても安心感のある美味しさ。
とろみが控えめでサラッとしているのも好みだ。
特別じゃないけど「ただいま!」って言いたくなるいつものカレーって感じ。
最近横浜に来ると石川カレーの『アルバ』に浮気しまくりの私。
しかしホームはやはりこっちなのかな、と思う。

横浜には『アルペンジロー』とか『バーグ』とかオリジナリティと歴史のあるカレーの名店が数々あるけれど、本当のソウルフードとは実はこんなごく普通の物を言うのかな、なんて。
予備校生時代から何十年もお世話になってる僕は特にね。

☆☆☆★★

【 カレーハウス リオ ジョイナス店 】
神奈川県横浜市西区南幸1-5-1
相鉄ジョイナス2BF
045-311-0037

11:00~23:00 (10:30L.O.)
年中無休
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。