スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清食品 カレーメシを食べてみた



昨年4月に発売されてから随分時間が経ちますが、流行り廃り入れ替わりの激しいカップ麺業界でなかなかの健闘をしているカレーメシ。
しかも麺ではなくメシである。
コンビニのカップ麺コーナーで「あれ?最近見かけないな、早くも販売終了?」なんて思うと、ボンカレーやパスタソースの並びにちゃっかり自分の居場所を作ってもらってたりするのであります。



ふーん、ゲームやネットに興じながら簡単調理、パソコンデスクで邪魔にならないカップ形状なのね。
なんかとってもジャンクだし、何処かアキバ系サブカルチャーの匂いがするこの商品、まっとうないい大人が手を出すのはちょっと躊躇われるのであります。

そんな自称まっとうな大人がつい我慢出来ずに買ってしまった。

出来心にしては買い過ぎ(笑)



『カップ麺をひたすら食べまくるブログ』 ( http://kuimakuru.blog71.fc2.com/?sp )のカレーメシレポートを読んで「美味しそうだなぁ」って。
そういうブログをブックマークしてる時点でまっとうな大人ではないですね(^_^;)

とりあえずベーシックの「ビーフかれーらいす」を食べてみた。



フタを開けると食欲を刺激するあの匂いがします。
カップヌードルカレー。
日清のカレーって唯一無二の香りですね。

内側の線まで水(約250ml)を入れて、剥がしたフタをのせて所定時間チン。
これだけです。
めちゃめちゃ簡単だぁ(^-^)



500wで5分30秒。
やけどに気をつけながら電子レンジから取り出す。
こんなもんで水が無くなるのか?といささか疑問ではあったが、フタを取り除くと汁っけたっぷり、グラグラ煮えたぎる茶色の地獄の釜状態。

これっておじやじゃね?



しかしだね、スプーンでかき混ぜ食べ進んでいくうちに汁気はどんどん米が吸っていき、実にカレーライスらしい粘度へと変身していくのであります。
当然米が膨らみガサを増していくので、あれ?足らんかな?と思ってた物が最終的に立派な1食分の量に増える仕組み。
なんか嬉しいぞ(笑)



出来上がりはめちゃめちゃ熱いですが、思ってた以上にビーフカレーの味。
大変に旨い。
ダイスカットされた肉・じゃがいも等の具は広告写真より小さく少な目な印象。
でも時折入ってくる具の食感としては物足りないという事もなくいい感じです。

いいよいいよ、これ。
小腹空いたなぁ
なんかメシ作るの面倒になっちゃったなぁ
そんな時にカップ麺よりずっと飯喰ってる感があります。
だってメシだし。



ちなみに『カップ麺をひたすら食べるブログ』の試食レビューで一番評価が高かったのがこちらの「そば屋のカレーメシ」。
出しが効いててかなりリアルだそうです。
こりゃ楽しみだ(^-^)





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。