スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東有馬『ぞのちゃん』生姜焼き定食

今日は朝から深夜にかけて大雪でかなりの積雪が予想されるとの予報。
安全上途中撤退もやむを得ないなと覚悟を決めていたのだが、いざ蓋を開けてみると雨とみぞれの繰り返しで全く積もらず、案外普通に仕事をし、そのうち暗くなった頃には雨も止んでしまった。

なんか拍子抜けしたら腹が減ってしまった。
そういえば昼にパンをかじっただけで朝からロクに食事もしてないや。



『ぞのちゃん』
先月あたりに鷺沼駅から久末に向かうバス通りに彗星のように現れた出来立てホヤホヤの中華定食屋。
走り抜けるたびに黄色い看板と妙な屋号が目を引いていました。

最近は「え?こんな店まで?」と思うようなローカルな食べ物屋までが「食べログ」サイトに掲載されており、大抵のお店の雰囲気や味、名物メニュー、値段などが下調べできます。
もちろん食べログの個人レビューを全て鵜呑みにはしませんが、目に見えて不評なお店を避けることもできます。

しかしここはまだ食べログに載ってないんだな。
いいんじゃない、そういう冒険も新鮮で。



ほうほう、こういうセットがおすすめなのね。
仕事中だからなぁ、そんなにガッツリ食べちゃうと眠くなるからなぁ。

店内にはテーブル席とカウンターと座敷に分かれており、テーブル席に作業員風の若い二人組が1組、座敷にサラリーマン風の二人組が1組いた。

サラリーマン風の二人はつけ麺らしき物を食べており、皿にはとんでもない量の麺が見えた。
隣のお兄ちゃん達は麻婆丼と生姜焼き、いずれもなかなかなボリュームである。

生姜焼きかぁ、
久しくお店で食べてないなぁ。



メニューを見ると生姜焼き定食は830円。
表に貼り出してたミニラーメンとのセットは880円。
50円差かぁ。


生姜焼き定食+ミニラーメン 880円

結局頼んでんじゃん(笑)

飾り気も何もないが、ボリュームは立派である。
ご飯もシャモジでペタペタ成型してコンパクトにまとめてあるが、実質お茶碗2杯は軽く超えてそうだ。



ミニラーメンはかなりミニサイズ。

注文の時にやんちゃな感じの短い茶髪にいちゃんが
「うちは基本麺固めですが大丈夫ですか?」と訊いてきた。
それなりのこだわりはあるようだ。

まあ幸楽苑や日高屋で出て来るような、特に特徴もないが安心出来るオーソドックスな中華そばです。
卓上のコショウを振って完成みたいな。
シンプルだけど化学調味料でごまかしてる感じはしない優しい味でしたよ。
寒い日はこういうラーメンが妙に嬉しいですね。





上にそびえる盛り付けがワンダホー。
キャベツには一文字にマヨネーズ。
ドレッシングなんて洒落たものを使わずマヨネーズがエライってところがまた大衆食堂って感じで良いじゃないか。
マヨネーズは生姜焼きに付けても合うのよね。

味はね、まあまあ普通(笑)
ちょっとベタッと甘めかな。
個人的にはもう少し脂身のある豚肉で、醤油をもっとジュジュッと焦がした奴が好みだが、それって多分洋食屋の生姜焼きだよね。
これは予めタレに漬け込んでおいて注文受けたら焼くだけのタイプですな。
中華定食屋ではこれが標準的かも知れない。
一応フライパンで焼いてる音はしていたよ。

茶髪にいちゃんが寄ってきた。
「味の方は大丈夫ですか?」
「うん、美味しいよ」
面と向かって他になんと応えればよいのだ(笑)

まだオープンして間もないから色々リサーチしてるんだろうね。
皆さんに気に入って頂けるよう努力してます感がなかなか良い。
美味しいよ、好みとは違うけど(笑)



まだあらゆる物が小奇麗な店内。
外看板や内装が薄らぎたなくなってこの寂れかけた街の中に溶け込んだ頃、生姜焼きがどんな進化を見せているかが楽しみです。

頑張れ、ぞのちゃん。

☆☆★★★



【 中華定食 ぞのちゃん 】
川崎市宮前区東有馬3-19-3-105
044-860-3225

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。