スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンちゃん、レバニラに挑戦する

わたくし比較的好き嫌いは少ない方ですが、昔から苦手で克服出来ない食品もいくつかあります。

まずパッと浮かぶのがビール。
アルコールに弱い事もありますが、ことにビールはダメですね。
幸せそうに飲んでる人を見ていると、あれが美味しく飲めたら人生もっと豊かなんだろうな、なんて思ったりします。

そして苦手な食べ物の代表選手がレバーなのであります。
子供の頃から全くダメ。
レバーと言っても焼いてるやつね。
レバ刺しは全然オッケーなんだけど、火を通したやつのあのモサッとした食感と後味、もう想像しただけで背筋が寒くなり鳥肌が立ちます(>_<)
レバー関係の食べ物はずっと遠ざけてきました。

でもコンスタントな需要があるから町の中華屋さんのメニューにレバニラ炒めが必ずあるわけですよね。
なんでおっさん達はレバニラ炒めを食べたがるんだろ?
美味しいと思っているんだろうか?

はっ!
気がつけば自分もおっさんじゃないか。

まさかとは思うが今なら美味しく食べられちゃったりするのか?
そんな興味からかなりのギャンブルですが「オトナの階段」を登ってみることにしたのであります(笑)
ダメならもやしとニラだけ食べればいいべ。


牛レバニラ炒め 680円
ライス 100円
餃子 250円
スープ サービス

レバーの食感の良し悪しは鮮度で決まることは知っている。
お店はいつも良い食材を仕入れ、炒め物料理に絶大なる信頼を寄せている『麺や 凛として』を選びました。

一品多いと思われるかも知れないが、これはあくまで保険である(笑)





さて、本題のレバニラ炒めだ。
結構なボリューム。
情け容赦無くレバーてんこ盛りですなぁ(^_^;)

お皿に溜まったタレに浸して一口パクッ。
ん?
もう一つパクッ。
ぜーんぜんあのモサッとした嫌な感じがありません。
後味に微かに「わたしレバーです」という主張がありますが、その微かなレバー食べてます感が良かったりする。
レバー嫌いなのに意外である。
もっともレバーというよりハラミを食べている感覚に近いかも知れない。

「あらあら、美味いじゃないか」(笑)



醤油ベースの濃い目の味付けが野菜と一緒に食べるのにちょうどいいバランス。
美味い美味い。
これ、ご飯が進みますねー。
大盛りにすれば良かったぞ。
てゆーかこういう時こそビールなんだろうな(笑)





完食です。
オトナの階段、克服(^-^)v
美味いレバニラなら美味いとわかりました。
むしろ世の中にこんな美味しい物があったとはと悔やんでおります(笑)


お財布の中にこんなのがあったので


こんな物でシメます。


某最南端氏が「子供が泣き出す苦さ」という名言を残したほろ苦カラメルソースたっぷりのオトナのプリン。
最高です。

☆☆☆☆★



【麺や 凛として 中川中央店】
横浜市都筑区中川8-1-10

am11:00~am2:00 年中無休

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。