スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外とイケた、ガキ大将の味噌



田園都市線鷺沼駅に通じる交通量の多いバス通りという立地にあり、駐車場は16台は停められようかというラーメン屋「ガキ大将」。
見た目はあの「くるまやラーメン」みたいな店構え。
しかしこの店に車がびっしり停まっているのを見たことがない。

タクシーで盛んに流しているエリアでもあるが、ここを行きつけにしている仲間もいない。
車が安心して停められる飯処は貴重なのに。

唯一聞いている評判が
「クソ不味い、あんなとこ誰も行かないよ」(笑)

しかし物足りない事はあってもそこまで怒りを覚えるほど不味いラーメンという物に僕は出会ったことがない。
窓ガラスの「コテコテラーメン」という表示も気になるので怖いもの見たさに入ってみました(笑)



コテコテラーメンは醤油ラーメンで、自家製チャーシューや野菜がてんこ盛りの二郎的な、いかにもガテン系の方々に好まれそうなビジュアルだった。

僕はそれよりも味噌ラーメンの気分だった。
意外とこの界隈には味噌ラーメンをやってるラーメン店が少ないのだ。
不味い味噌ラーメンって奴も食べてみたいじゃないか(笑)


味噌ラーメン 710円


なるほどね、ここの味噌ラーメンはデフォではチャーシューがのってないのね。
具は殆どもやし。
始めから七味唐辛子がふりかけてあり、他には玉ねぎ、人参千切り、青ネギが愛想程度に混ざっている。
710円にしてはちょっと寂しいビジュアルかな。



食べ始めて驚いたのが麺がかなり短い。
箸で持ち上げると口に届く前に最後の一本がスープから出てくる。
意表を突かれたが、元々僕は猫舌なので冷ましながらちびちび食べるタイプです。
小池さんのようにズボボボ頬張ることは出来ない。
既成概念に囚われなければむしろ食べやすいのかも(笑)
特に特徴のない麺だが味噌ラーメンに適した中太麺で、スープとの絡みもよい。



スープに「くるまや」系のガテンな方向性を感じました。
隠し味と称したニンニクや生姜の風味がかなり強く感じられ、背脂の程よいコッテリ感も後押しして良く言えばワイルド、悪く言えば下品(笑)
運転手仲間は高齢な人が多いのでこういうラーメンは苦手なのかも知れません。
個人的にはコクがあって好きかも、とさりげなく若さををアピール(笑)

難を言うならチャーシューをのせたければ味噌チャーシューにするしかなく、価格が1050円に急に跳ね上がるのでコスパがとても悪い。
「あんたね、ウチは消費税が8%になっても値上げしてないのよっ!」って反論が聞こえてきそうな数字ではあるが(笑)



土曜日の夕方18時を回っていたが、客は僕ひとりでした。
それでもセルフサービスのお冷のピッチャーはちゃんと氷が沢山入っていましたよ。
客は意外とこういう所を見ているのだ。
古い店なりに清潔感はありました。

まあ嫌いじゃないです、ここの味噌ラーメン。
通りかかったらまた寄ってもいいと思います。
しかしあまり客がいないのも落ち着かないものですね(笑)

☆☆★★★



【 ラーメン ガキ大将 川崎鷺沼店 】
神奈川県川崎市宮前区東有馬4-1-5
044-870-8517

11:00~25:00 (休日は24:00まで)
年中無休


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。