スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京亭のサンマー麺に異変?

横浜で弾き語りバンドの練習をした帰りに南京亭に寄りました。
朝から何も食べておらず、空腹はピークに達していました。

ここはあのドカ盛りサンマー麺だな、と。

夕方近くというハンパな時間ということもありカウンターは半分ほど空席、すんなり座れた。
ランチタイムではこうはいかない。

暇なわりに案外待たされてサンマー麺登場。



「おや?」なのである。

実はいつも中華鍋を振るっているオヤジさんではなく代わりに息子さん(?)らしき若い人が鍋を振るっていたのね。

オヤジさんはかなり高齢で、そののそのそした動きと激しい火柱のコントラストがシュールだったりする。
今日の料理人は動きが違う。
背筋がピンと伸びていて、腰を前後させながら激しく中華鍋を揺すっていた。
若さだねぇ(笑)



で何が「おや?」なのかと申しますと、「盛り」が違うのであります。

下の写真は長老オヤジバージョン、
明らかに溢れてます(笑)



まあぶっちゃけ「こんなに盛らなくてもお腹いっぱいになるのだからいいじゃん」とも思うけど、明らかに具材のもやしや椎茸の量が少なくなっている。
そこはかとなく上品なのだ。

南京亭のサンマー麺や固焼きそばが名物なのはこのドカ盛りが重要要素なのではないかと思うのね。
ここのオヤジはサービス精神旺盛なのか、アタマ悪くて量の計算が出来ないのか(笑)
そんな微笑ましい盛り付けにニヤニヤしながら「ここはこうじゃなくちゃ」と思うのが僕としては楽しみのひとつであった。

(固焼きそばオヤジさんバージョン)


オヤジさんはまだ健在で、カウンターの端で皿を洗っていました。
ひょっとしたら今までたまたま僕がオヤジさんのサンマー麺しか食べてなかっただけで、今日の上品バージョンも実は存在していたのかも知れない。
そして上品バージョンも伝統の老舗の味をちゃんと引き継いでいる。
でも南京亭ファンとしては出来れはオヤジさんの伝統の盛り付けも引き継いでほしいのであります。

オヤジさん、いつまでも元気に長生きしてね(笑)




【中華料理 南京亭】
横浜市神奈川区西神奈川1-20-4
045-432-0880

11:30~21:00 水曜定休


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。