スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増田屋 ざる大盛り

本当は新規開拓で近所のオーラの無い蕎麦屋(笑)に行くつもりでした。
てくてく10分歩いて行ったらシャッターがが降りてた。
「火曜日 定休日」の貼り紙。
「あんだよー、ネットでは無休って書いてあったじゃん」

どうしても蕎麦が喰いたい。

というわけで家に引き返し車を出して有馬方面に向かった。



鷺沼付近の国道246号下り線沿い、
かのメジャーな暖簾分け蕎麦店、増田屋である。

大して蕎麦を知らないクセに、正直この増田屋にはかなりの偏見を持っていました。

「所詮チェーン店だろ」
「そのクセ値段は高いんだろうな」

そう悪態つきながらサガミには行くみたいな(^^;;

同じ増田屋でも店舗によって出来不出来にバラつきがあるとも聞きます。

そんなわけで初めてです。



午後3時近く、店内はお客もまばらで落ち着いた雰囲気。
国道を見渡す窓側の席に案内された。

点々とお一人様が同じ方向を向いて座っている。
これ一人だけ逆向きに座る勇気ないなぁ(笑)



増田屋になかなか足が向かない理由はもう一つある。
蕎麦が白いのを知っていたから。
これも偏見で、蕎麦は黒ければ黒いほどエライと思っているからである。
ゴツゴツした田舎蕎麦が好きなのね、どっちかと言えば。

それにしてもディスプレイの蕎麦、白過ぎるだろ(笑)



あれこれ悩んだ末、今日は余計な物を付けずに蕎麦だけに集中することにしました。


ざるそば大盛り 650円

並なら550円。
そんなに高くないね。

確かに更科系の白っぽいお蕎麦である。
誤解のないように、
別に白いお蕎麦も嫌いじゃないのよ。
田舎蕎麦の方がいいというだけ。



美味いじゃないか。
香りは強くないが、更科ならではの滑らかな喉越しがよい。
あれ?更科好きかも(笑)

つゆは見た目ほどしょっぱ過ぎず甘すぎず、ほのかに残る鰹ダシの後味がいいですね。



大盛り、
なかなかの喰い応えでした。
なんなら並でよかったくらい。
ぐるじー(>_<)

いいね、増田屋。
日頃仕事中のランチにもありだと思います。

☆☆☆★★



【 増田屋 有馬店 】
川崎市宮前区東有馬1-1-1
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。