スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強濃厚らーめん ばり馬

中原街道の綾瀬近辺、新しい小型ショッピングセンターに寄り添う形で1軒ラーメン屋が出来ました。
これが派手な看板で夜に車で通ると実に目立つのだ。
「最強濃厚」とか「濃厚とんこつ醤油」とか、何やらうるさそうな謳い文句。
「つけ麺」の文字も見える。
ネットでメニューや評判を調べてからとも思ったが、派手な看板のわりには車からは店名がわからない。
しかたねい、とりあえず寄ってみるか(笑)



8月にオープンしたばかりで店内もまだ小綺麗だ。
そして店内の至るところにもこだわりの能書きがいっぱいだ。



カウンター席に座りメニューを見る。
最初つけ麺狙いだったが写真を見るとどうも期待した魚介豚骨系ではなさそうだ。





せっかく「最強濃厚」「最強濃厚」とあちこちで謳ってるんだから豚骨がいいな。

で、注文したのがこれ。


味玉打節 780円(税別)

打節は基本の「打馬」に魚介の風味を加えたバージョン。

まず勘違いしていたのは家系豚骨醤油だと思っていたが、ベースとなるスタイルは細麺の博多豚骨でした。
考えたら店名が「ばり馬」、
博多ラーメンって気付いてもよさそうなもんだ(笑)



炙りチャーシューの上には魚粉がのっています。
しかしこれは演出的要素が強いかな。
魚粉を混ぜる前からスープに魚介風味がしっかり付いています。



簡単に博多ラーメンって書きましたが、それは細麺に豚骨ベース、麺替え玉システムなどからイメージしたわけで、スープは博多の白濁したそれとは随分違う。

円やかな豚骨スープのかえしに熟成醤油のエッジを効かせたツンデレな味は横浜の家系とも違い、むしろ和歌山や四国のラーメンに近い。
例えるなら博多一風堂が丸源とコラボしたような感じです。

自慢の自家製麺はゆっくり食べてもくたびれないしっかり麺でした。



あえて言うなら、「最強濃厚」に関しては横浜家系や濃厚つけ麺を食べつけている横浜市民には最強と謳う程のものでもなかったです(笑)
味玉や見た目インパクトある炙りチャーシューも普通っちゃ普通かな。



メニューに「美味しいラーメンを探し求めて全国を食べ歩きました」と書いてある通り、各地(しかもかなりメジャーなラーメン)のいいとこ取りしたような感じで、ポイントポイントには目新しい独自性はない。
だけど「いいとこ取り」なんだから美味くなるに決まってるだろ、そんなラーメンでもあるのです。

ことにスープの旨さはなかなかでした。
だって、替え玉しちゃったもん(笑)

☆☆☆★★



【最強濃厚らーめん ばり馬 綾瀬店】
神奈川県綾瀬市深谷7-18-20

11:00~23:00
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。