スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期間限定 小林屋のつけ麺

湘南藤沢のライブ出演を終えた私はカーナビの目的地を用田にセットした。
日が暮れて気温も下がってきた。

気分的には味噌ラーメン。
これからは味噌が美味い季節だ。
しかしだ、小林屋にはまだ食べた事のない期間限定メニューがある。
別に全メニューを制覇する気持ちは毛頭ないが、つけ麺だけは試しておきたいな、と。



以前の記事で小林屋のある用田交差点の対角にゴル麺が出来た事はお伝えしました。
ゴル麺は元々家系ラーメン店で、最近は魚介つけ麺を始めて各店舗なかなかに流行っているお店である。



一方で小林屋のフラッグシップメニューは味噌豚骨なのだが、ゴル麺も味噌豚骨ラーメンをやっちゃったりしている。
これがなかなかに美味いのだ。

これは客の目にもヤバイと感じた(笑)

ならば向こうさんの一番商品・つけ麺をこっちも出したろうやないか!と言ったとか言わないとか。


つけ麺 600円

まず、安い!
さすが安いは小林屋のお家芸である。
ゴル麺はじめつけ麺の平均価格が800円前後であることを考えるとかなり頑張っている。



麺は味噌ラーメン用の黄色い中細ちぢれ麺ではなく、つけ麺専用の太麺を用意したようだ。
濃いめのつけ汁には太麺は必須である。
コシはさほど強くないけど、しっかりした食べ応え、及第点といったところか。



豚骨醤油に魚介を効かせたつけ汁は思った以上にさらさら系。
他店の鰹メインの魚介風味ともちょっと違う気がしたが、嫌味のない味です。

私が勝手にドロリッチ系と呼んでいるシチューのようにとろみの強いつけ麺が近年の流行りで、向かいのゴル麺もそのスタイルです。
でも僕が本当に好きなつけ麺はつけ汁がさらさらしている事が多い。
川崎の仁鍛がやはりそうだ。

見た目はチープだけど、スープにレンゲを入れると小林屋名物の厚切り炙りバラチャーを筆頭に、メンマ、煮卵などお宝がゴロゴロ隠れているのだ。
テーブルの辛味噌をほんの少量加えると更にアクセントが効いた味になります。

これで600円は大したものだ。
かなりいいと思います。


ミニチャーシュー丼 250円

魚介スープの中で柔らかくなったチャーシューも美味いが、チャーシュー丼のそのまんまチャーシューも捨てがたいのであります。

安いからつい余分な物も注文してしまう。
そこがまた小林屋のいいところでもあり、悪いところでもある(笑)

☆☆☆★★



【 北海道らーめん小林屋 用田店 】
神奈川県藤沢市用田1540
0466-48-0111
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。