スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濱やの塩ラーメン

この夏、横濱家グループがポイントキャンペーンを実施しています。

同グループである『麺や 凛として』で最初スタンプカードを受け取る時に店員がこう言った。
「お客さんならすぐ溜まりますよ」
失礼だな、それじゃまるで私が年中店に入り浸ってるみたいじゃないか。

ま、店員の予想通り瞬く間にスタンプが埋まっていき、今では手元にラーメン無料券(680円相当)が3枚、もうすぐ4枚目を貰うかってとこなんだが(爆)



てなわけで仕事が一段落ついたところでせっかく手にした権利を行使すべく、『凛として』ではなく本家で家系ラーメンの『横濱家』すみれが丘店に向かったのであります。


塩ラーメン 680円

家系ラーメンのお店なので基本形は豚骨醤油なのだが、最近はこんなメニューもある。
こってりスープにエッジの立った醤油味に飽き気味な自分には嬉しいバリエーションだ。

大雑把に言ってしまえば家系ラーメンのかえしである醤油を塩ダレに代えたラーメンと思って頂ければよい。
相変わらず豚骨スープは濃厚だし、油も多め。
家系ラーメン屋が塩ラーメンを作るとこうなるの見本。
決して世間一般の塩ラーメンが持つ "さっぱりヘルシーで女性にも人気" そういうイメージで臨んではいけない(笑)

焼豚の上に鎮座する謎の味噌みたいなものを混ぜ込むと独特なコクが生まれます。





私は更にフリートッピングの揚げネギと微量の特製辛味噌を加えてカスタマイズします。
この揚げネギは全横濱家チェーンでもすみれが丘店と成瀬店にしかない隠し球であります。
ちなみに横濱家本店の店員は揚げネギの存在すら知らなかったぞ(笑)



麺は家系のセオリー通り太めのもちもち麺。
このしっかりした噛み応えと喉越しが好きで「麺固め」オーダーすることもしばしば。
夜ということもあり「普通」にしてもらいましたが、その理由は自分でもよくわからない(笑)



やっぱりスープですね。
吉村家などのルーツ系とも違う。
ラーメンショップ系とも違う。
オリジナリティ溢れる横濱家独特の濃厚さとコクは地元で慣れ親しんだ味です。
塩味にすると更に冴え渡る気がする。
僕は好きだな。



久しぶりの横濱家。
美味しかったです。
まだ無料券あるぞ。
誰か一緒に行くか?(笑)

☆☆☆★★



【 究極ラーメン 横濱家 すみれが丘店 】

横浜市都筑区牛久保3-3-11

11:00~翌2:00
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。