スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾ラーメンは名古屋生まれ

先日仕事中に寄った魁力屋で食べようとして、店員のお姉さんに「営業の方にはオススメできません」とキッパリ言われ諦めた謎のメニュー「台湾ラーメン」。

昨夜コンビニでこんな物を見かけ思わず買ってしまった(笑)



名古屋の味・台湾ラーメン???

確かに寿がきやといえば「味噌煮込みうどん」などでお馴染み名古屋のご当地即席麺のメーカーだが、台湾ラーメンが何故名古屋の味なんだよ、と。

wikiで調べてわかった。

台湾ラーメンは随分と昔から名古屋のご当地ラーメンとして存在しており、中京地区ではかなり有名らしい。

1970年代に、名古屋市千種区今池にある台湾料理店『味仙』(みせん)の台湾人店主の郭明優が、台南名物の担仔麺を元に賄い料理として作ったのが起源とされる。名古屋人の好みに合わせて味付けを辛くしたもので、台湾人店主が考案したため『台湾ラーメン』と名付けられた。本場台湾では四川風などの辛い麺料理はあるが、同一の激辛ラーメンは存在しない。

ますます興味がわいてきたので「非番」に魁力屋にリベンジに行ったのであります。
また同じ事を言われないようTシャツ短パンの思いっきりラフなカッコで(笑)



メニューには名古屋の名の字もない。
知らない人は絶対台湾の名物料理だと思うよな。



さあ、これが台湾ラーメンです。


台湾ラーメン 830円

いつも思うけど、魁力屋の赤いテーブルは写真の料理が映えますね。
うーん、うまそ(^^)



なるほど、ニンニクゴロゴロはニュータンタンで慣れてるとはいえこれは営業中のサラリーマンは(笑)
具は豚挽肉・ニラ・もやし・ニンニク。
それを唐辛子で辛く炒め醤油ベースのスープと併せたラーメンです。

スープは醤油ラーメンが美味い店だけにコクも旨味もありなかなかです。
しかし辛さに関してはデフォルト辛いラーメンというより、テーブルにある豆板醤をお客さんが自分で加え醤油ラーメンをちょっとだけ辛くしてみました程度。
激辛を身構えていただけにちょい拍子抜け。



麺は通常の魁力屋の醤油ラーメンと同じ細麺。
これだけ細くても最後までコシが失われないのは凄いなと思う。



ニンニクはあまりにゴロゴロ入ってるから残そうか迷ったけど、これが実はたまり漬けニンニクでメチャうまい。
スープの底に沈んだやつまで探しちゃったよ(笑)



なんつんでしょうね、
非常にざっくり大味なところがまた屋台的でもある。
上記の通り元は賄い料理だもんね。
どことなく未完成のような、「これって本当に美味いのかな?」みたいな疑問符すら残るような。
実際台湾の裏町の屋台でラーメンを食べた事のある僕はこう思うのね。

台湾のラーメンって美味いのか美味くないのか、大体こんな感じだよ。
そこがいいんじゃん、てね(笑)

☆☆☆★★




【 魁力屋 都筑中原街道店 】
横浜市都筑区池辺町2043
045-943-6678

11:00~24:00 無休
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。