スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なか卯の新参者 衣笠丼

新商品で衣笠丼という物がある。

実のところ随分なか卯にはアンテナを張ってなかったのでいつからあるのかは知らない。

どうやら油揚げをだしで煮て玉子とじした京都伝統の丼物らしい。

これってあれじゃん。
こぶちゃん(九代目林家正蔵)が海老名家伝統の家庭料理として紹介してた油揚げ丼だね。

様子見もあり衣笠丼(小)と保険?にミニすだちおろしうどんを付けて注文した。


衣笠丼(小) 290円
ミニすだちおろしうどん 230円


併せて520円。
仕事中のランチ出費としてはまあまあなチョイスだな。



京風という事で割と上品な味つけで、メインが刻み油揚げというチープになりがちなビジュアルを青々した九条葱?がナイスアシスト。
山椒を振って頂きます。



ま、こういうジャンクな料理ってかなり好きだけど、ぶっちゃけわざわざ外で食べる物でもないかな?
家で余り物で作るから美味しいんじゃん、みたいな(笑)
極めて想像の範囲の食べ物でした。



そんなわけで毎年夏の安全牌、すだちおろしうどんをすすってさっぱりリセット。
たまに冷水しめが中途半端な時もあるけど、今日は合格。
暑い夏、食欲が息詰まるとこれが食べたくなるのであります^_^



しかしあれですな。
食券機を導入してからというもの、食後のお会計がないからお客は黙って席を立つしかないし、店員もそれに気づかない。
出口に差し掛かるとセンサーによる電子音。
そこで初めて店員が気づいて「ありがとうございました~」
その時点で客はもう店の外なのだ。

一層味気ないお店になってしまったな。。。


話は変わるが、iPhoneで"きぬがさ"って打つと変換候補3番目に衣笠祥雄が出てくることに彼の偉大さを再認識させられた夏の午後なのであります。

☆☆★★★


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。