スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁じ手・麻婆ランチはしごの代償

本当は横浜でランチを食べてからブライアン・ウィルソン(ザ・ビーチボーイズ)の自伝映画『ラブ&マーシー』を観る予定で電車に乗った。
途中で上映時間をチェックすると数日前まであった16時からの回が無くなりレイトショーまで待たないといけない事が判明した。
参ったな(^^;;



そんなわけで映画を諦め横浜駅を通過、元町中華街駅に降り立った。

元々横浜では鶴屋町の『京華樓』(きょうかろう)で麻婆豆腐ランチを食べる予定であった。
麻婆豆腐フリークとして前から気になってたお店である。

しかし京華樓なら中華街の方が本家だし、他にもついでに寄りたい麻婆豆腐の名店と呼ばれるお店がある。← 既に言ってる事が変だろ(笑)



13時20分、関帝廟の並びにある『京華樓 本館』に入店。
1階席はほぼ満席で2階席に通された。

こちらは刀削麺や炒飯もかなり人気があるらしいが、ここで無理をしては次に響く(?)ので迷わずランチAセットの「陳麻婆豆腐セット」を注文。

2階は意外に空いてて、なんだかゆったりオトナな雰囲気の店内である。
鶴屋町のお店のレビューでは接客面で多数から叩かれていたけど、ちなみにここのおねいさんはにこやかで良いよ(笑)



ふうん、花椒はお好みで足せるのね。



注文して3分、まずご飯とスープ、ザーサイ、杏仁豆腐が運ばれ、遅れること1分、麻婆豆腐が運ばれてきた。


陳麻婆豆腐セット 750円

いやはや、みるからに辛そうだ。
いかにも陳麻婆豆腐って感じの凶暴なビジュアル(笑)

まずは一口、

ぶわっ!げほっ!

辛‼︎‼︎

久々にこんな辛いの食べた。
山椒の痺れがわからないほど唐辛子が効いてて口が痛いっす。
逆にテーブルの山椒を足す余裕がない。
過去に食した中で四川省成都市公認『陳麻婆豆腐』(※陳建一とは無関係)のそれに負けない辛さである。

でも不思議とだんだん慣れてくるんだな。
辛い中にも甜麺醤や豆豉のコクが感じられなかなかに美味い。



汗を拭き拭きバトルの末なんとか完食。
食後の杏仁豆腐が幸せすぎる。



会計してヨロヨロと店を出る。

ご飯はお代わり自由だったがお茶碗1杯で済ませた。
次のためである(笑)

しかし舌は痺れ胃がカッカカッカしている。
満腹というよりは毒を盛られた感じに近い(笑)
一体ランチのはしごなんか出来るんだろうか。

京華樓のすぐ近くの狭い路地に入ると次なるターゲットが見えてきた。



『景徳鎮』
名店ひしめく横浜中華街で麻婆豆腐フリークなら素通りしてはいけないお店のひとつとされる。

何度か店の前を行ったり来たり。
思いました。
迷っている時間はない。
ええい、満腹中枢が働く前に入ってしまえ!



14時を過ぎたからかパラパラ空席がありすんなり入店、
最初真ん中の4人掛けテーブルを勧められたが、周りからジロジロ見られてるみたいで落ち着かないので壁際の2人席にしてもらった。

ちなみに手書きランチメニューDの麻婆豆腐は一般人向けのよくあるソフトな麻婆だそうで、自分は下のスペシャルメニュー「四川風麻婆豆腐」の方が狙いだ。
一般人じゃないのか?(笑)

注文して5分、そいつはやってきた。


四川風麻婆豆腐掛けご飯 1,080円

少し遅れて杏仁豆腐も登場。




これは来た瞬間に思った。

"料理長ごめん、全部は食えん…"

写真では分かりづらいが結構な大皿。
そこいらのカレー屋さんの大盛りより多いドカ盛りである。
特にルーにあたる麻婆豆腐の量があり得ない(^_^;)



こちらも見た目は凶暴そうだが、意外にも辛さはさほどではない。
つかさっきの京華樓が異常だったのか、はたまた既に味覚が崩壊しているのか。
とにかく辛さも痺れもあまり強くない。

とろみは抑え気味でわりとサラッとしている。
豆腐以外の部分の比率が高く、カリカリの挽肉に混ざって刻んだ生姜やニンニクなど色々な味と食感が楽しめる。
これはこれで美味しい。

あえて言うなら花椒の痺れが物足りず、挽肉がメインになってるぶん豆腐の存在感が弱い。
肉料理の具に豆腐が添えられてる感じ。
麻婆豆腐から派生した別料理かな?と思った。
個人的には京華樓の方が好みだな。
(景徳鎮に先に入っていたらまた評価は違うのかも)

半分食べた辺りから身体に異変が起き始めた。

あれ?
軽く胃痙攣?(^^;;

2/3食べたところでギブアップ。
杏仁豆腐も一口も受け付けなくなっていた。



腹ごなしがてら少し街を歩く。
依然胃はカーッと燃えるようだ。
歩く振動で胸の辺りでタプタプ音がする。
拒否って下りていかないのだな。

それでも西門付近でいつも寄る食材屋さんで山椒を買う(笑)

やはり花椒にも香りが豊かな青山椒とか痺れが強い赤山椒とか産地によっても違いがあるのだそうだ。
数種類の山椒を味見させてもらう。
ここまでこだわった買い物は近所の小洒落た輸入食材店でも出来ない。

てゆーか食材屋のおばちゃんに優しく叱られたよ。

「2軒も続けて麻婆豆腐食べるなんてバカね、あんまり痺れると身体に毒よ、ほどほどにしなさいね」(笑)




スポンサーサイト

【 古市場 】手打 たけうち

お盆も過ぎて少し道も空いただろうから、今日は車で丹沢方面に出かけ美味い蕎麦でも食べて来ようかな、なんて。

物色がてらお気に入りの蕎麦ブログをなんとなく閲覧していたら気になるお店が出てきた。

川崎市の古市場という町のちょっと寂れた商店街にある『たけうち』という一見普通のお蕎麦屋さんが百戦錬磨の蕎麦通ブロガーを唸らせていた。



古市場は南武線鹿島田と多摩川の土手の中間ぐらいにあり我が家から12kmほどの距離。
なんだ、自転車で行けるじゃないか(笑)

ペダルを漕ぐこと40分くらい、店があまりに町に溶け込み過ぎて一回通り過ぎてしまい、iPhoneの地図を開いて引き返した。

店に入ったのが12時ちょい過ぎ。あまり広くない店内に常連さんらしき先客が2組いたが、混み合ってる風でもない。
感じの良いおかみさんが出てきてテーブル席に案内された。

お目当の手臼挽き蕎麦(限定10食)はまだ残っているだろうか?


「あのぉ、この手臼挽き蕎麦ってまだありますか?」
「ごめんなさい、終わっちゃったのよ」

あちゃー、開店30分でもう無いか(>_<)

「じゃあ…これください」

お店のスタンダードである「石臼挽き蕎麦」を指差した。

「お客さん、1日5食しか出せないんですけど今ならプラス500円でミニ海鮮丼が付けられますが」

お、いーねいーね、それお願いします(≧∇≦)
ふと見渡すと、店内は落ち着いた良い雰囲気だったりするのだ。



石臼挽き蕎麦 700円

限定ミニ海鮮丼 500円

ほうほう、手頃な量にしてなかなかに壮観である。
まずは海鮮丼から。

これが大正解。
かなり少なめの御飯に漬けマグロとヒラメがメイン。海苔・胡麻・ちりめん山椒・新生姜が脇を固める。

厨房から「マグロは大間産だぞー」とご主人。

"うーん、美味い"
目を細めちゃったりして、すっかり『孤独のグルメ』のゴローちゃんしているのだ(笑)

海鮮丼を一気に平らげた後はお楽しみの蕎麦であります。

今回間に合わなかった「手臼挽き蕎麦」は文字通り石臼を使い手で挽いた大変手間のかかった蕎麦で、ゆっくり時間がかかるぶん蕎麦の実に余分な熱が加わらず…

とにかくとってもいいらしい(笑)

それよりもかなり粗挽きの穀物感のあるゴツゴツした田舎蕎麦風に仕上がっているとのことで、それはいつか是非リベンジしたい。
本日の「石臼挽き蕎麦」は石臼で挽いているが機械挽きである。

手臼挽き蕎麦に比べるときめ細やかな挽き加減なのだろう。

かなり薄めに伸ばした蕎麦生地をやや幅広に打つことにより透明感のある平麺に仕上がっている。

二八のコシも相まって繊細かつ独特な喉越しだ。

綺麗な手打ち。

ご主人、丁寧ないい仕事してます。
つゆは極めて江戸風の非常にエッジの立った濃い口。

蕎麦を1/3も浸せば十分な感じだ。


平日に自転車で蕎麦ポタリング、なかなか優雅で良いね。

そういう意味ではここは本当に丁度いい場所にある感じ。

走り足りないなら目と鼻の先に多摩川サイクリングコースがある。

次は開店と同時に飛び込んで手臼挽き蕎麦、ゲットするぞ!(≧∇≦)
☆☆☆★★



【 手打 たけうち 】川崎市幸区古市場2ー103

044-201-7030
木曜定休
プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。