スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじら軒本店 支那そば



我が家から車で3分ぐらいの近所に、かの有名な『くじら軒』の1号店があります。
メディアにのせた新しいラーメンブームの創成期に博多『一風堂』、町田『雷門』なんかと共に一時代を彩ったラーメン屋のひとつ。
その頃は土日ともなると行列と路上駐車で大変な状態でしたね。

現在は各地に支店が出来たこともありすっかり落ち着きを見せており、ちょっと時間を外せば静かにのんびり味わう事ができます。


支那そば(濃口醤油) 750円
ミニくじら飯(パーコー飯) 200円


まずくじら軒は女性向きと言いますか巷のラーメンより量が小ぶりなのであります。
それってコストパフォーマンスとしてどうなのよ?という意見も聞きますが、個人的には「大人が飽きずに食べ切れる丁度いい量」と思っています。
足りなければ大盛りにすればいいし、サイドメニューを注文すれば良いのだ。



ミニくじら飯は家庭のごはん茶碗のような小さな器に盛られています。
これは美味しいからもう少し大きくても良いな(笑)
実はくじら軒、食べたことないけどパーコー麺もかなり人気メニューなのであります。
カリカリ衣のパーコーは思ったほどカレー粉の風味は強くないが、素材の旨味が引き立っていて非常に美味しい。



くじら軒のラーメンの特徴は以下通り。

• スープは鶏ガラと魚介のダブルスープ

• かえしは薄口醤油、濃口醤油、塩の3種類

• 麺は細麺

個人的には今日の支那そば(濃口醤油)が1番好みであります。



濃口と言ってもかなり優しい味。
「淡麗」というのともちょっと違うんですね。
スッキリした中にいい感じで魚系のダシが主張してきます。
出しゃばらず、でも確実に。

最近流行りの煮干し系とか海老ダシ系とか、あそこまで「どうだ、すごいだろ」と前面に出て来られるとおじさんとしては辛い。
とにかくセミ昭和のおじさんを飽きさせず安心させる味なのであります。

チャーシューがまたほろほろに柔らかいんですぅ。



細い麺はあっさり系のスープとよく絡み「なるほどねぇ」と太麺派の私も納得。
この細さにしてなかなかくたびれないのもよろしい。



こういうラーメンは横浜家系ラーメンのようにインパクトで勝負するタイプではないので顧客を維持するのは難しいと思いますよ。
シンプルだからこそ味の小さな変化にも客は敏感に反応するしね。
個人的には昔ほど若者でざわつかなくなったくじら軒、前より好きですけどね。

これからもコツコツ地道に美味しいラーメンを作り続けて欲しいです。
応援します。

☆☆☆★★



【 くじら軒 本店 】
神奈川県横浜市都筑区牛久保西1-2-10
045-912-3384

平日
11:00~15:00
17:00~21:30
土日
11:00~21:00
年中無休







スポンサーサイト

『丸亀製麺』Wカツカレーうどん

コーヒーのクリームを買いにショッピングモールに立ち寄ったついでにフードコートでお昼にしました。



普段なら「何処にしようかなぁ」なんて右往左往するところだが今日は丸亀製麺真っしぐらである。
1月からの新メニュー「Wカツカレーうどん」の存在をすっかり忘れており、あ、そうだ、食べなくちゃ!なのです。



「カレーライスにカツカレーがあるんだから、カレーうどんにカツカレーうどんがあったっていいじゃないか」(丸亀製麺HPより)

なんで今までカツカレーうどんが無かったのか、不思議と言えば不思議ですね。
あるところにはあるのかも知れないが、よくぞ気づいてくれた、丸亀製麺。


Wカツカレーうどん(並) 590円

「葱と揚げカスはのせますか?」
お姉さんの問いかけに間髪挟まず「はいっ!」
なんかすごい絵面。
揚げカス、要らなかったかな?

あ、言っときますが食いしん坊だからカツが2枚のにしたんじゃないですからね。
カツ1枚のバージョンは無いのよ(笑)

健康のためにチーズトッピングはやめておきました(意味不明)



ロースカツはトッピング用としてはなかなかの大きさと厚み。
あたしカツカレーライス大好き人間ですが、和風ダシの効いたカレーに浸して食べるとこれがなんとも美味いこと。
汁がサラサラしていて、トロミの強い蕎麦屋のカレーうどんとは全く別物な印象です。

ちなみにエッジの効いた普通のカレーうどん(390円)もあるのだが、本品はカツに合うように和風ダシを更に足してまろやかに仕上げているとのことです。
よく合ってます。



うどんはもちろん太目でコシが強く、熱いカレースープに浸っていてもビクともしません。
麺の太さとスープの濃度もピッタリ。
讃岐のうどんでカレーうどん、とても気に入りました。




いなりずし 100円

この茶色いかたまりを見るとスルー出来ないくらいに愛おしい稲荷ずし。
結構甘ったるい味付けだけどカレーうどんの箸休めにはグウでした。


ワイシャツにネクタイの出で立ちだったからですかね、紙エプロンを添えてくれるあたりも親切。
助かるけどフードコートでしょ?
また隣りのテーブルが女子高生グループなのさ(笑)
ちょっと紙エプロンは恥ずかしいのでつけなかった。

習慣って恐ろしいですね。
箸でうどんを口に持ってきた瞬間ズボボボッ!
あ、やべ!
条件反射で思い切りすすってしまった。

またカツをひとかじりうめいうめいと頬張り、また麺をズボボボッ!
あ、やべ、またやった!
なぜ学習しない(笑)

後で恐る恐るワイシャツをチェックしたけどセーフでした(^_^;)



そんなわけで丸亀のWカツカレーうどん、讃岐うどんでワンコインを越えるとコスパが悪い気もしますが、実際食べてみると味・ボリュームともに大満足でした。
ことにカツの食べ方はこれが一番美味しいんじゃないかと思うほどです。
多分冬期限定だと思います。
お早めにお試しあれ(^-^)

☆☆☆★★



プロフィール

kemnpus

Author:kemnpus
横浜でタクシーの運転手をやっています。
早いもので40代も後半にさしかかりました(笑)
アラフィフ目線でのレポートをしていきたいと思います。
感想などコメントをお待ちしております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。